薬剤師バイトのメリットとデメリット

薬剤師バイトのメリット、デメリット

薬剤師という仕事は特別な資格がないと仕事をすることが出来ないのですが、この職業は正社員だけでなくアルバイトという形で雇われている方もいるのです。
このようなアルバイトをしている方は、大体家庭を持っている方であり、スーパーやコンビニ感覚で働くことが出来るので、生活に支障が出ない程度で働けることから、行っている人もたくさんいます。

 

薬剤師アルバイトのメリットは、時間を自由に決めることができるというところにあります。フルタイムで働いていると1日中仕事をしないといけないので、子供の面倒や家の家事などが出来ません。

 

普通のパートなどのように勤務時間を決めることが出来るので、育児や家庭のこともしっかり頭に入れて働くことが出来るのです。
またほかに薬剤師のアルバイトにはメリットがあり、それは普通のパートよりも時給がいいということが挙げられます。これは専門の資格を持っていないとできないので、やはり時給もそれなりの金額をもらうことが出来るのです。

 

しかし、いいことだけではなくデメリットもあるのです。それは給料のことであり、これはどの地域にあるのかで大きく変化します。時給が安い地域もあれば高い地域もあるので、必ずしも高収入になるというわけではありません。

 

そして二つ目のデメリットは働ける場所が限られているということであり、これは基本的にドラッグストアか調剤薬局しかないのです。なので、近場にこのようなお店がない場合は遠くに通勤することになるので、交通費や通勤時間がかかってしまいます。


関連ページ

薬剤師の復職に最適な薬剤師バイト
1度退職された薬剤師さんの再就職として薬剤師バイトからはじめるのも1つの選択です。最初は短時間からでも働く事が出来る求人も豊富です。