病院勤務薬剤師転職、病院薬剤師業務

病院勤務の薬剤師と調剤薬局の薬剤師では何が違うのでしょうか?

薬剤師転職病院、病院薬剤師転職

病院勤務の薬剤師と調剤薬局の薬剤師では何が違うのでしょうか?

 

病院勤務の薬剤師の場合、病院に入院されている忠者さんに薬を調剤します、一方調剤薬局は医師の出した処方箋を元に不特定多数の人に薬を調剤します。
また病院薬剤師は調剤以外にも病院内で市よする医薬品管理や注射液、点滴液、消毒薬などの管理も行います。
治験に携わる事や服薬など病院勤務の薬剤師はいろいろな経験が必要な反面責任も重くなります。

 

病院薬剤師の業務

病院勤務薬剤師の主な仕事は入院患者への調剤、服用指導などですが、他にも病院内の医薬品管理や治験(新薬開発)など薬剤師の業務としては多岐にわたります。
ここ最近では専門職も増えており「がん専門薬剤師」「HIV感染症専門薬剤師」「妊婦授乳専門薬剤師」「精神科専門薬剤師」など専門的な知見を得る機会が有ります。

 

病院薬剤師転職求人

病院薬剤師求人は少なく大病院などの求人のほとんどが新卒者がメインだそうです、途中採用の場合も経験者やそれ相応のスキルがないと採用は難しい様です。経験、実績が有れば転職は可能かも知れませんが転職先としては覚悟を決めて探す必要があるようです。